カードローンの完済と解約、その違いは?

意外に知られていないことです。
カードローンは完済をすれば自動的に解約になるのではありません。
解約をすればようやく終了です。
解約をしない限りは契約が続行されています。
完済と解約、その違いをよく知っておきましょう。

完済は、借入残高をすべて返済することです。
借入残高が0円になる状況ではありますが1,000円未満の端数が残高として残った場合にはそれも完済に含まれています。
次回借入時に合算されるか、もしくはそのまま完済として処理することも可能です。
契約は打ち切られていないため、次回必要があればまた借り入れをすることができます。
融資限度額の範囲は自由です。

解約は、契約を解除することです。
完済があって初めて解約が可能となりますが、手続きは面倒なものではありません。
解約の意思を伝えるだけとなっていますが、契約の打ち切りとなりますので手元にカードがあっても利用することはできません。
再度借り入れを希望するときには改めて契約をし直さなくてはなりません。

これら完済と解約の違いですが、個人信用情報機関に掲載される期間という違いもあります。
個人信用情報機関にはカードローンは解約から5年間はその情報が保持されています。
完済をしただけであればその情報はいつまでも消えることはないということです。
また、別のカードローンを利用するとき、ローンを利用するときにはそれらの完済済みのカードローンも審査の対象として行われます。
解約をしてこれ以上の借り入れができない状況にあることと、完済はしているけれども融資限度額が満額残っておりいつでも借り入れができる状況にあるのとでは他社の審査に大きな影響を与えます。
審査で重要になるのは現在の借入残高だけではなく、今後増える可能性がある借り入れ残高です。

消費者金融でも銀行カードローンでも、完済をしたときにはそれを解約するのか継続するのか考えてみましょう。
持っているだけでは借入残高がない以上利息も発生することなく、年会費がかかるわけでもなく費用は発生しません。
それでも完済したからこその対処は真剣に考える必要があるでしょう。

今すぐお金借りるならキャッシングが最適

 

生活をしていく上でお金が足りなくなる事は、多々あります。今すぐお金借りるのであれば、消費者金融を利用するのが最適です。消費者金融は、個人に対して無担保で現金を貸し付けてくれますので、容易にお金を調達する事ができます。

消費者金融については数多くありますので、それぞれの貸し付け条件を確認した上で、契約を結ぶことが大切です。借り入れ先を決めたのであれば、審査をしてもらう必要があります。審査に関しては緩く設定されていますので、容易に通過をする事ができます。

キャッシング 即日をした場合においては、借りた金額及びそれに伴う利息を支払う事になります。利息の金額については、金利の設定とお金を借りた日数に応じて変化します。

お金を借り入れた期間が短い場合においては、利息の負担が少ないです。借入をしたのであれば、利息の負担を少なくするためにも、迅速に返済をする事が重要となっています。

返済方法については数多く用意されていますが、一括払いで返済する人が多いです。一括払いのメリットは、借入期間が短くなることが挙げられます。

審査において職種・勤務先より重要な勤続年数

キャッシングの審査において、職種や勤務先といった情報はやはり重要度の高い属性となります。職種ですと、医師や弁護士といった方々は抜群の属性の高さです。また、公務員も安定性が高い職業のために属性が一番高くなります。審査では年収の高さよりも失業や転職による返済能力のリスクの方が重く受け止められるため、上場企業や大企業の正社員などあきらかに公務員よりも収入が高い方よりも、公務員のほうが収入の安定性という面で評価が高くなるのです。

次いで正社員、そして自営業、派遣社員、アルバイト・パートと続きます。自営業といってもそれぞれ収入の大きさは様々かと思いますが、先にも挙げたように収入の安定性の面で言いますと自営業の場合には収入が一定ではありませんので、どんなに収入の高い自営業者であっても評価は低いのです。専業主婦・学生・無職となっていきますと、さらに属性のスコアは低くなっていきます。

また、職種や勤務先と同様に属性がつくものとして、健康保険証の種類が挙げられます。キャッシングの審査に健康保険証の種類?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、保険証からは実は職業や会社の規模を判断できるのです。例えば公務員の場合には共済組合、大企業の場合には独自の組合保険、中小企業の場合には社会保険、自営業者やパート・アルバイトの方なら国民健康保険という具合です。

さて、このように即日キャッシング審査では申込者の職種などのスペックについてスコアリング化して融資の可否を判断していくわけですが、意外にも、勤務先関係でこれらの属性や年収などよりも重要度の高い属性があるのをご存じでしたでしょうか?それは、「勤続年数」です。

勤続年数は何年その勤め先に勤め続けているか、ということですが、なぜこれが年収などより重要度が高いのでしょうか?例えば、とても年収が高い方でも転職を繰り返していて勤続年数が短い方となりますと、年収がいくら高くとも収入の安定性、という面では評価が低くなります。一方、収入がそこそこであっても同じ勤務先に10年など長期間勤めている方の場合には、評価が高くなるのです。

つまり、勤続年数が長い方というのはそれだけ信頼され、収入が安定していると評価されるのです。融資する側はその方がどれだけ稼いでいるのか?ということよりも安定性を重視します。単純に収入がある=安定しているとは判断しないのです。

一般的には、5年~10年未満や10年以上の勤続年数が高評価となり、6ヶ月~1年未満になると少し厳しく、6ヶ月未満となりますと審査に通るのが難しくなってきてしまいます。終身雇用制が崩壊した現在では、キャッシング審査における勤続年数のウェイトは低くなってきているとも言われますが、それでもまだまだ重要度の高い属性であることにはかわりありません。

申し込みをする際、もう少し待てば勤続1年を超える、などという場合には、時間がゆるすならばそれまで待ってから申し込みをすれば、より審査が有利になります。属性について、年収や勤務先など他の項目はなかなかかんたんに変えることができないものが多いですが、こうしたポイントを把握していれば属性を多少よくすることも可能なのです。

関連記事